2015年05月27日

大阪府 柴眼科さまから手術見学にお見えになりました

大阪府旭区の柴眼科様より柴副院長と高山先生がフェムトセカンドレーザー白内障手術の手術見学にお見えになりました。

岡眼科での多焦点眼内レンズ手術では乱視矯正や眼内レンズのセンタリングをより正確に行うためににサージカルガイダンスが必要不可欠なものです。今回サージカルガイダンスより、より高性能なVERIONシステムを導入しました。
このVERIONシステムの最大の特徴はLenSxと4月に稼働し始めたCENTYURIONとリンクしているということです。使用時の院長の顕微鏡には乱視軸以外の様々なデータも表示されます。

この日もフェムトセカンドレーザー多焦点眼内レンズ手術が多かったので、岡院長も見学の先生方もレーザー室と手術室を行ったり来たり・・・。手術が終わってからは顕微鏡を覗いてみたりと、興味深く見学されていました。

残念ながら夜には大阪で手術や打ち合わせの予定があるとのこと・・・お時間があまりありませんでしたので、福岡に来られたせめてもの記念に早くて美味しい豚骨ラーメンを食べ、博多駅に向かう途中で天神クリニックを見学(この日は休診日でした)。そして柴先生方は大急ぎで大阪へ帰って行かれました。

移動中には柴副院長が開発された排水機のお話も聞かせて頂きました。
遠路遙々飯塚までお見えいただき大変お疲れ様でした。
今度は飯塚からぜひ見学に行かせて頂きたいと思います。


岡眼科クリニック
奥迫


柴先生.jpg
柴先生2.jpg
柴先生3.jpg


 

 



posted by 岡眼科 at 00:00| スタッフ日記