2015年06月22日

白内障屈折矯正手術学会

6月19日〜21日に東京で開催されました白内障屈折矯正手術学会へ行ってきました。
岡院長がランチョンセミナーが2つ、金曜日のランチョンセミナーの券は早々に無くなってしまいとても人気のセミナーのようでした!
その日のランチョンは『ヨーロッパ発の最先端屈折型多焦点眼内レンズ』です。

岡眼科では白内障手術には単焦点レンズ、先進医療の多焦点眼内レンズ、そして自費診療の多焦点眼内レンズ(LENTISMPlusX)を使用しています。
その自費診療のLENTISの最新型レンズがフェムトセカンドレーザー専用眼内レンズFEMTIS15で、このFEMTISの初期臨床結果を岡院長が発表しました。このFEMTISMF15を日本で初めて使用したのが岡眼科なのです。
優位眼にFEMTISMF15を非優位眼にLENTISMPlusXを挿入し、患者様方の術後視力は大変良好です。

白内障用フェムトセカンドレーザーを持つ眼科は、全国でも20施設ないようですし、少し複雑なレンズ構造になっています。とても難しい手術のようですが、私の両親が白内障になったらこのレンズを絶対入れてほしいと思いました!


IMG_0207.JPG  
第30回JSCRS-A4チラシver3.jpg  



ランチョンセミナーが終わってもシンポジウムやインストラクション、一般講演など沢山あります。
この日はイブニングセミナーまで聴講し、先生方に夕食をお腹一杯食べさせてもらいました。
明日は8時のモーニングセミナーから聴講なので、ホテルに帰ったらすぐに寝てしまいました。

ホテルから会場までは地下鉄で3駅ほどなのですが、駅まで少し歩かなければいけないので6時起きで用意して会場へ向かいました。
ちょうど先生方も来られました。(先生方もちゃんと朝早くから聴講されるのだと少しビックリしながら)今日も一日頑張るぞ−!とそれぞれの会場へ。

またこの日のランチョンセミナーは『THE CATARACT REFRACTIVE SUITE BY ALCON』

岡眼科で現在使用している術前検査とその結果を手術機器に反映するイメージガイドシステムVERIONについても講演です。なんだか会場が広くて先生の講演の前は私まで緊張してしまいました。こっそり一番後ろから写真をパチリ。
岡先生はVERIONシステムを説明するのが難しいと少々スライド作りに苦戦されていましたが、動画を交えてわかりやすく説明されました。



IMG_0245.JPG

SMS130-1 JSCRS Luncheon 9 b.jpg  


空き時間に展示会場で器械展示を見て実際に器械で計測させてもらったりして楽しかったです。
17時まで聴講し、今日はスタッフだけで食事です。少しホテルで休んでから I先輩が選んでくれたイタリアンで楽しく盛り上がりました。

学会最終日ももちろんモーニングセミナーから、ORTプログラム、ナーシングプログラムを聴講し学会が終了しました。
最後に先生方と記念写真を撮り、帰路につきました。

私達新人ORT2人は、今年4月に岡眼科に入ったばかりですが、このような大きな学会で発表されることのほとんどは岡眼科でもすでに行っていることにとても驚きました。
これからも沢山勉強して先輩ORTの方々と頑張っていきたいと思います。



IMG_0250.JPG  



視能訓練士:林、西崎



 

 

posted by 岡眼科 at 14:46| スタッフ日記