2015年07月27日

Refractive Surgery Update Seminar 2015 in Kyoto

7月25日に京都メルパルクで行われました Refractive Surgery Update Seminar 2015 in Kyoto にドクター3名、スタッフ12名で行ってきました。

このセミナーは屈折矯正のセミナーがぎゅっと1日に詰まったとても内容の濃いとても勉強になるセミナーで、特にORTとNSは行ける人は全員参加!という岡先生のかけ声で大人数での参加になりました。
日帰り組と宿泊組に別れていたのですが、新幹線の切符を購入する時の金額にビックリヾ(。 ̄□ ̄)ツ しました。
そうですよね。総勢15名ですから(>_<)

セミナーは午前9時から開始ですので、博多発6時5分の始発の新幹線に乗り込みました。私は飯塚からなのでなんと午前3時起き。みんな眠そうです。始発の新幹線なので指定席はガラガラかと思いきや、3列シートの真ん中位しか空いてないとのこと!夏休みからだからなのか、みんなUFJに行っているのか、確かに親子連れが多かったような気がします。

京都まで3時間弱。みんなお弁当を食べた後は爆睡でした。

今年は会場が京都駅のすぐ近くのメルパルク京都だったこともあり9時ちょっと過ぎに到着して、前乗りしていたI君が受付をしておいてくれたのでスムーズに会場へ入ることができました。
すでに最初の講演が始まっていましたので、すぐに勉強を始めました。

さて、今回は岡院長の講演は2つでした。
教育セミナー多焦点レンズをもっと使おうの「術後不満例への対応」
ランチョンセミナー「ベリオンとFLACSの素敵な関係」

多焦点レンズの講演では、学術的ではありませんと言われながら岡眼科での取り組みを色々と話しました。
前方の席には机もあったのですが、皆さん熱心にメモを取られていました。

そしてランチョンセミナーでは、岡院長が大のスターウォーズ好きなのでちょっとしたムービーをスターウオーズ風に作成しましたので、それをオープニングで流しました。
お弁当を食べてちょっと眠くなった目がぱっちり開きました!

第2部、第3部も普段の学会講演では聴けないようなお話も聴くことができ、とても興味深く勉強にもなりました。

情報交換会にも少し出席させていただき、日帰り組は帰路につきました。宿泊組はホテルへチェックイン後お食事へ。先生方とも2次会で合流し、夜遅くまで楽しく会話がつきませんでした。

夏の京都は本当に暑かったですが、スタッフ一同丸1日、大学の講義のようにしっかり勉強させてもらいました!また来年も沢山で参加できるよう頑張ります!

岡先生、講演2つもお疲れさまでした<(_ _)>

投稿:奥迫

RefractiveSurgeryUpdateSeminar2015inKyoto.jpg
リフラクティブ目次.jpg
リフラクティブ.jpgリフラクティブ2.JPG




 

 



posted by 岡眼科 at 16:31| スタッフ日記