2016年03月16日

緑内障製剤の勉強会を開催していただきました。

先日緑内障製剤の勉強会を開催していただきました。
緑内障は、治療しなければ視野障害が進行し、失明へとつながる疾患です。
視野障害の進行スピードを抑制するために、眼圧を下げる治療をする必要があります。
その中で、点眼治療は眼圧を下げるのに重要な役割があります。
どの薬剤の眼圧下降効果が強いのか?眼圧下降効果は24時間続いているのか?その副作用は?などを勉強しました。
患者様へより良い医療を提供できるよう、今回得た知識を生かして行きたいと思います。

診察介助:永芳


緑内障.JPG



posted by 岡眼科 at 11:33| スタッフ日記