2016年05月27日

βの会で特別講演を行いました

5/20(金)に神奈川県横浜市の稲村眼科クリニックにて、稲村先生が代表世話人をされているサージャン向けの勉強会「βの会」が開催され、岡院長が特別講演をいたしました。
岡院長は開業当初から白内障手術時に稲村式セッシを使用しており、今回は特に尊敬する稲村先生からのご指名の依頼でありましたので講演準備も大変気合いの入ったものでした!

演題は『フェムトレーザーを使用したミニマムフェイコ』座長は岡院長の師匠である みなとみらいアイクリニックの荒井宏幸先生です。
白内障手術時にフェムトセカンドレーザーを用いることでより正確に、より安全に手術を行うことができます。岡眼科ではこのフェムトセカンドレーザーを2台(飯塚:LenSxと天神:CATALYS)所有しています。フェムトセカンドレーザーを2台所有する眼科は現在、世界でもこの岡眼科のみとのこと。メーカーの異なる2台のフェムトセカンドレーザーで実際に多数の手術を行っている岡院長だからこそわかる2台の特徴や比較、岡眼科で取り組んでいる患者様の負担をより軽減させる「ミニマムフェイコ」について講演いたしました。学会ではとても発表できないフェムトリスク?の話まで。。。(笑)

その他の先生方の講演もCTRやトラベクトーム、未熟児網膜症と本当に色々な講演内容で私も沢山勉強させていただきました。岡眼科では最先端の医療機器を用い、常に新しいことに挑戦しています。私たちスタッフも患者様の笑顔のために日々学び努力して参ります。


投稿:隈元


IMG_0133.jpg

IMG_0131.jpg



posted by 岡眼科 at 16:53| スタッフ日記