2016年06月04日

北海道より札幌かとう眼科様が手術見学にお見えになりました

北海道より札幌かとう眼科様よりドクター1名、スタッフ4名が手術見学にお見えになりました。
札幌かとう眼科様は平成23年に開院され、硝子体手術や緑内障手術、ICL等多岐に渡る手術を行っている施設です。

プレミアムレンズは、より精巧な手術手技を必要とされる眼内レンズである為、岡眼科では特にレンティスは全例フェムトセカンドレーザーを用いた手術を行っています。

札幌かとう眼科様は2年前にプレミアムオーダーのレンティスMプラストーリックを導入され、今後フェムトセカンドレーザーの導入を検討されているとのことで、手術見学にお見えになりました。
手術見学中は加藤院長自らも動画や写真を撮影され、スタッフ様も全員がメモをビッシリ取られていました。岡院長はメーカーの異なるフェムトセカンドレーザーを2台(飯塚:LenSx
と天神:CATALYS)で手術を行っている為、2台の特徴などについてもお話されていました。

札幌かとう眼科1.JPG

札幌かとう眼科2.JPG


手術終了後の外来見学でもたくさんの質問をされ、昨年の12月に導入したポスレジにも興味津々の様子でした。
福岡空港へ向かう途中に天神クリニックを案内させて頂き、北海道へとお帰りになられました。

はるばる遠方より大変お疲れ様でした。
今度は私どもが見学に伺わせていただきたいと思っております。その際にはどうぞよろしくお願いいたします。

札幌かとう眼科3.JPG


投稿:奥迫

 

 

posted by 岡眼科 at 00:00| スタッフ日記