2016年09月16日

岡眼科での研究がパンフレットになりました

通年性アレルギー性結膜炎患者を対象としたアレジオン点眼液への切替え効果の検討という岡眼科クリニックで実施された研究がパンフレットになりました!

近年、アレルギー性結膜炎と診断される患者は増加しており、日本人の約15%〜20%がアレルギー性結膜炎を有していると推定されています。岡眼科にもアレルギー性結膜炎の患者様は多く来院されます。
このアレルギー性結膜炎は点眼治療が中心で、現在多く使用されているオロパタジン塩酸塩点眼液を2週間以上投与したが効果不十分であった患者様へ、アレジオン点眼液に切り替えることで良好な有効性を示したとう結果になりました。
パンフレット裏にはこの研究を監修しました当院の副院長の近藤美鈴先生の写真も掲載されています!全国の眼科に配布されるとのことなので、ぜひお手に取って見てみて下さい(^^)


投稿:岡松


アレジオン.jpeg

アレジオン2.jpeg

アレジオン4.jpeg

アレジオン1.jpeg


posted by 岡眼科 at 16:31| スタッフ日記