2013年02月20日

抗アレルギー治療薬「パタノール」の勉強会を行いました

花粉症でお困りではありませんか?

先日、抗アレルギー治療薬「パタノール」の勉強会を行いました。

花粉の本格的な飛散がスタートし、花粉症での眼の“かゆみ”に悩まされている方は多いと思います。私も花粉に悩まされている一人です。

「パタノール」は辛い眼の“かゆみ”を「早く」「強く」抑え、かつ「しみない」3拍子そろった点眼薬とのことです。効果が優れているため、抗アレルギー点眼薬の中ではシェアNo.1の製剤で、最も支持されている様です。

実際に、モルモットを花粉症の状態にし、「モルモットが何回眼をかくか?」という比較試験の映像を観ました。見ているだけでかゆくなりかわいそうでしたが、パタノールを点眼したモルモットは明らかに掻く回数が少なくなり、かゆみを抑えていました。

筑豊地区は山に囲まれており、福岡県の中でも花粉症で悩まされている患者様が多いようです。

早めの治療で症状も軽くなります。花粉症に悩まされている方はお気軽にご相談ください。

投稿:受付 帆足




パタノール.jpg

 

 

posted by 岡眼科 at 15:18| 学会・研修会・勉強会