2013年05月14日

緑内障の勉強会を行いました

先日、緑内障の勉強会を行いました。

緑内障とは目の奥の神経が障害され視野が狭くなる病気で、眼圧の上昇がそのひとつの原因とされています。

また眼圧は正常にも関わらず緑内障になる正常眼圧緑内障もあり、日本人に最も多いと言われています。

多くの場合、視野は長い時間をかけてゆっくりと欠けていき、はじめのうちはなかなか気づくことができません。

一度欠けてしまった視野は元の戻すことができないため、毎日きちんと点眼することと、定期的な検査をかかさないことが大切です。


点眼や視野検査などを継続してもらう為には患者様ひとりひとりに緑内障について理解してもらう事が大事になります。

今回は患者様に分かりやすい、緑内障のパンフレットのセットなどがまた新しくなりましたのでこれからこの資料を使って説明をしていきたいと思います。

診察後に緑内障の目薬や検査などの事で分からないことがあればいつでもご相談ください。

診察介助:山本



緑内障勉強会.jpg


 

 

posted by 岡眼科 at 16:18| 学会・研修会・勉強会