IQレストアレジスタードマーク+3D」の勉強会を行いました。 岡眼科では、白内障手術をされるご患者さまにはそれぞれのレンズの特徴を担当医、スタッフより詳しく説明し、患者さまのライフスタイル、ご希望などに合わせて色々とアドバイスさせていただいた上で、最終的には患者様ご自身にどのレンズを選択するかを決定していただいております。 岡眼科で患者様が選択することの…" />

2013年05月21日

アルコン社の多焦点眼内レンズ「アクリソフレジスタードマークIQレストアレジスタードマーク+3D」の勉強会を行いました

先日 アルコン社の多焦点眼内レンズ「アクリソフレジスタードマークIQレストアレジスタードマーク+3D」の勉強会を行いました。


岡眼科では、白内障手術をされるご患者さまにはそれぞれのレンズの特徴を担当医、スタッフより詳しく説明し、患者さまのライフスタイル、ご希望などに合わせて色々とアドバイスさせていただいた上で、最終的には患者様ご自身にどのレンズを選択するかを決定していただいております。


岡眼科で患者様が選択することのできる多焦点眼内レンズは今まで下記の2種類でした。
テクニスマルチフォーカル(先進医療適用)
LENTISMPlus(自費診療)

この2種類の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を行える施設は全国でも多くありません。

そして今回アルコン社の「アクリソフレジスタードマークIQレストアレジスタードマーク+3D」の勉強会を行いましたので、患者様が選択することのできる多焦点眼内レンズが1種類増え3種類になりました。

今まで先進医療多焦点眼内レンズと比べると「グレア・ハロー(光のぎらつき・にじみ)」や「遠方コントラスト感度の低下」が少なくなり、夜間、車の運転をされる方には特に有用な多焦点眼内レンズだそうです。

また黄色に着色されたレンズのため、網膜保護作用があり、網膜に疾患がある患者様にもお勧めできる多焦点眼内レンズだと説明を受けました。

このように単焦点レンズ、先進医療適用多焦点眼内レンズ(テクニス、アクリソフ)、プレミアム多焦点レンズ(LENTISMPlus)の4種類のレンズの特徴を理解し、患者様お一人お一人のライフスタイルに合ったレンズの選択をお手伝いできればと思っております。


視能訓練士:白石



レストア.jpg


 

 

posted by 岡眼科 at 11:31| 学会・研修会・勉強会