2013年07月01日

レーザー白内障手術LenSx用 岡式開瞼器販売開始!

先日来改良を重ねてきました岡院長考案のLenSx用開瞼器がついに完成しました!
先日のJSCRSでもシャルマンのブースに正式発表展示されていました。
結構お問い合わせもあったようですが、フェムトフェイコを使用している施設がまだ少ないのが残念です。。。



シャルマン.jpg



さて、この開瞼器の特徴はブレードにあります。
睫毛の混入を防止し、余剰な球結膜を伸展させてサクションブレイクのリスクを軽減させます。
また目盛りがついていますので、PIとのドッキング前に角膜中心を確認しやすくなっています。

完成までだいぶ時間を費やしましたが、LenSxは前回のバージョンアップでPIも新しくなりましたので、更にドッキングが容易になりました。

1月の手術学会の時に、韓国聖母眼科の李先生から岡院長へLenSx用角膜切開鑷子をいただきましたので、JSCRSで李先生と一緒にお食事する機会があり岡院長はこの開瞼器をプレゼントされました。

また大学の先輩でもあり、岡院長がICLの認定を取るときにインストラクターとして岡眼科までお出でくださったI先生にも、学会中なかなかお会いできなくて焦りましたが、最終日にやっとお会いできてお渡しすることができました!

フェムトフェイコを使用する施設が増えて、沢山の施設で使っていただければ岡院長の苦労も報われそうです(笑)


スライド1.jpg




投稿:LenSx担当 田代

 

 

posted by 岡眼科 at 14:31| お知らせ