2013年06月25日

硝子体注射アイリーアの勉強会を行いました

昨日硝子体内注射アイリーアの勉強会を行いました。

現在岡眼科ではルセンティス,マクジェン,アバスチン,アイリーアという4種類の硝子体注射を使用しています。

今回の勉強会は2回目でしたので、ルセンティスとアイリーアの効果を比較し難治性,再発性AMDの治療効果に期待が持てるものであると学びました。

アイリーアの特徴としてVEGFファミリーを阻害できることから他薬剤よりも新生血管の抑制ができるうえ効果も72日間でありルセンティスの2.5倍の持続性があるとのことです。

また副作用においては約7000例のうち29例の症例において網膜色素裂孔などの報告がされているが、これはルセンティスと同様のリスクであるとのこと。

その他先月より使用期限が18ヶ月から24ヶ月へ延長となったため医療期間での管理がしやすい薬剤と感じました。

岡眼科でもたくさんのAMD患者様が来院されておりますので、今後アイリーアの治療効果に期待をしています。


投稿:看護師 中山



 

 




posted by 岡眼科 at 21:28| 学会・研修会・勉強会